成人式の前撮りフォトガイドTOP » 成人式の前撮りで知っておきたいメイク情報 » 成人式の前撮りでプロにメイクしてもらいたい人のための情報

成人式の前撮りでプロにメイクしてもらいたい人のための情報

成人式の前撮りでプロにメイクしてもらいたい人のための情報

成人式の前撮り、メイクはどうする?
プロに頼むメリットとデメリットを比較

情報収集

成人式の前撮りでプロにメイクをしてもらうメリット・デメリットとは

成人式の前撮りをきれいに仕上げるには、衣装はもちろんのこと、メイクも重要です。そこで悩むのがセルフメイクか、プロに任せるのかということ。

その出来映えには大きな差があるものの、プロのほうが確実に良いということはなく、ときには「プロに任せるよりもセルフメイクを選べば良かった」という声が上がることもあります。メイクを任せたことで撮影に悔いが残らないよう、申し込む前にメリットとデメリットを把握しておきましょう。

プロに任せるメリット

メイクの持ちがいい

プロにお願いするメリットとして、やはりその技術力の高さがあげられます。経験豊富なメイクさんがしっかりと下地から作ってくれるため、メイクしたての状態が撮影中ずっと続くでしょう。

ベースメイクがきちんとしていればメイクは崩れにくくなり、照明や暖房で乾燥しがちなスタジオ内でも、美しく撮ってもらえます。一生に残る写真だからこそ時間をかけて撮影しますし、その間にだんだんメイクが崩れていくのでは集中できません。

時間がかからない

プロに依頼することで、自分の負担が軽くなることもメリット。朝起きて、普段どおりのスキンケアでお肌を整えたら、あとはスタジオに入るだけでプロがしっかりと仕上げてくれます。

どちらにせよ着付けやヘアメイクはプロに依頼することになるため、メイクもその場で任せられると時間のロスは少なくなるでしょう。早起きでセルフメイクをしたのち、スタジオで着付けとヘアに取りかかり再びメイクを整える…という手間を考えれば、プロに任せるのは有効な手立てです。

ヘアメイクまでやってもらえる

前撮りや成人式当日の準備をプロに依頼する場合、着付けとヘアメイク、メイクはセットになっていることが多いものです。それぞれ単独で依頼するより、セットでお願いしたほうがリーズナブルに済み、全体的な統一感も出やすくなります。

メイクもヘアも振袖仕様にしなくてはならないため、一部セルフだとそこだけ雰囲気が違ってしまうかもしれません。

プロに任せるデメリット

お金がかかる

振袖や前撮り写真など、成人式にはいろいろとお金がかかります。少しでもリーズナブルに済ませたいとなると、プロに依頼したときのメイク代が気になるかもしれません。

メイクにかかる料金は、地域差もありますが大体は3,000~5,000円。ヘアとセットにすると割引になるところも少なくないものの、それでも5,000~2万円程度はかかる見通しです。さらに振袖を借りる場合には、そこへレンタル料なども加算されます。

自分の好みのメイクにならない可能性がある

普段の服装と全く雰囲気の異なる振袖では、メイクもそれに合わせて行うのが一般的です。ただし和装メイクの技術を備えたプロであっても、希望やイメージを伝えきれず、自分らしくなくない仕上がりや、好みと違うメイクになる可能性もあります。

メイクさんにも技術の差はあり、その人が得意とするテイストもあるでしょう。また、普段からアイプチやつけまつげを使っている方だと、メイクさんの使うアイテムに違和感を覚えることもあるようです。

あなたの好みはどれ?いま人気の前撮り個性派スタジオ
あなたの好みはどれ?いま人気の前撮り個性派スタジオ
TOP