成人式の前撮りフォトガイドTOP » 成人式の前撮りで知っておきたいメイク情報 » 成人式の前撮りでセルフメイクをする人のための情報

成人式の前撮りでセルフメイクをする人のための情報

成人式の前撮りでセルフメイクをする人のための情報

成人式の前撮り、メイクはどうする?
セルフで行うメリットとメイクのポイント

情報収集

セルフメイクで成人式の前撮りをするメリットとやり方をチェック

成人式の前撮りは、将来ずっと残ります。となれば衣装だけでなく、メイクにもこだわりたいものです。このときプロに任せるべきか、セルフメイクにするかを迷っている方は多いでしょう。もしメイクが好きなら、プロにお願いせずとも成人式の前撮りを成功させることはできます。

方法さえ間違えなければ、かえってセルフのほうがメリットを得られることも…。前撮りでセルフメイクを選ぶ場合のコツと利点をチェックしてみましょう。

自分でメイクするメリット

自分の思い通りのメイクができる

セルフメイクの大きなメリットに、「自分の思い通りにいくこと」があります。普段と撮影時のメイクは別物であることも確かですが、プロに任せっきりでは「イメージと違う」「好みじゃない」といった仕上がりも起こり得ます。当日、完成してからでは、直すにも間に合わないかもしれません。

一方セルフメイクなら、自分のコンプレックスや魅力も活かしやすくなります。技術や和装に合うメイクの知識は必要ですが、事前の練習でミスは減らせるでしょう。

費用が抑えられる

プロにメイクをしてもらう場合、必然的にメイク代がかかります。セルフメイクなら、そのぶん費用を抑えられることに。

地域や店舗ごとの割引サービスによって差はありますが、プロに任せると大体3,000~5,000円のコストがかかります。着付けやヘアと一緒に頼めば割安になるものの、総額は当然上がるでしょう。

セルフメイクのコツ

メイクは振袖の色に合わせて濃淡を決める

セルフメイクを上手に仕上げるコツは、メイクのカラーを「振袖の色」に合わせることです。赤や深緑など濃い色の振袖なら、メイクの色味も濃いめを意識してみてくださいね。黄色やピンクといった淡い色の振袖なら、淡く優しいメイクが似合いますよ。

ベースメイク

ベースメイクは文字どおり基礎であり、お顔の印象を決める大切なもの。成人式の前撮りメイクでは、いつも以上に丁寧に仕上げましょう。特にスタジオ内は照明や空調の関係で乾燥しているため、ファンデーションの前にたっぷりと保湿し、下地にも潤いのあるものをチョイスします。

パール系下地で肌のくすみを消して、ファンデーションにはマット系がおすすめ。明るめの白肌を目指しますが、首との境目が不自然にならないよう注意が必要です。

アイメイク

和装メイクのアイシャドウは、ベージュ系やブラウン系のナチュラルカラーを基本に、まぶたの色合いを整える程度にします。アクセントとして楽しむなら、着物の色を一色加える、または白を乗せてレフ版効果を狙うのも良いでしょう。

濃いブラウン系のアイシャドウは、あまりに重ねると立体感が出すぎるため注意。アイラインはブラックのリキッドかペンシルで、少し長めに引いて目元にくっきりとアクセントを利かせてみてください。

眉毛がよく見えるヘアセットであれば、アイブロウはしっかりめに仕上げること。明るい色の眉マスカラや平行眉、細すぎ・太すぎの眉は振袖に似合いません。ペンシル、またはパウダーで小鼻と目じりを結んだ延長線上までしっかりと描いて、ナチュラル眉を作りましょう。

カラーは髪色よりも少し濃いめが自然です。かわいい系の振袖なら、やや明るめの優しいアーチ眉がおすすめ。面長の方はこの場合、太めの平行眉でもナチュラルに仕上がりますよ。

リップ

前撮りのリップメイクは、ほかのパーツとのバランスを考えつつ濃いめのカラーを選びましょう。人気カラーは王道の赤やピンク系。発色が良いものならコーラル系でもオレンジでも、自分の似合う色を選ぶのが一番。いくつか口紅を持ち込んで、相性を確認しても良いかもしれません。

このとき、唇の輪郭はリップライナーでしっかりと描きます。グロスだけで仕上げてしまうと和装に合わず、写真もぼやけた印象になってしまいかねません。

あなたの好みはどれ?いま人気の前撮り個性派スタジオ
あなたの好みはどれ?いま人気の前撮り個性派スタジオ
TOP