着たくない親の振袖を今風にアレンジ

ママ&パパも必見!成人式の前撮り&記念写真のギモン

娘に自分の振袖を
着せたいのですが…

親の振袖は時代遅れ?お洒落な振袖女子を演出するママ振袖活用術

大切に保管しておいた振袖なのに、ママ振袖を嫌がるお嬢さんが意外と多いようです。確かにお嬢さんからしてみると古く感じてしまうかもしれませんが、ママ振袖にはレンタル振袖とは違った良さが沢山あります。とはいえ、いくらメリットがあるからといって、強引に説き伏せようとしてもかえって機嫌を損ねるだけ。上手に説明するにはどうしたらいいのでしょうか。ママ振袖活用術と一緒にみていきましょう。

Q&A

娘に自分の振袖を着てもらうには?

娘に「ママの振袖は古くていやだ」と言われてしまいました…

成人式を迎える娘と、振袖のことで揉めています。私は若い時に父(娘から見たら祖父)に振袖を買ってもらいました。想い出が一杯詰まった振袖なので、娘にもどうしても来て欲しいのです。でも「古臭いから、レンタル屋で借りてくる」と言って嫌がります。これでは振袖を持っている意味がありません。娘に着てもらうにはどうしたらいいでしょうか。(55歳 女性 主婦)

ヘアメイクやコーディネートで今風にアレンジ!どうしてもという場合は式と前撮りで振袖を分けて

“いま風”を演出するのは、振袖の柄だけではなくヘアメイクも

成人式は娘さんにとって、大人の仲間入りをする重要なセレモニー。一生に一度の大切なイベントだからこそ、こだわりを持って納得のいく振袖を着たいと思うのも無理ありません。まして、その年代のお嬢さんは流行に敏感です。たとえ高価な振袖でも、古い古典的な振袖を着るのは、やはり抵抗があると思います。とはいえ、思い出の詰まった振袖を眠らせたままにしておくのは、やはり忍びないものですね。

そこで提案です。ママ振袖を「いま風コーデ」にしてみてはいかがですか。振袖だけは昔のまま。合わせる帯や襟元、ファー、髪型、メイクを今風に変えるだけで、雰囲気ががらりと変わってきます。特に色柄が古典的な振袖は、コーディネート次第で色々な着こなしが楽しめるので、いつの時代でも根強い人気があります。スタジオにも得意分野がありますので、お嬢さんのフィーリングにマッチしたところが見つかると思います。まずはお嬢さんの気持ちを尊重した上で「いま風コーデ」を提案してみてはいかがでしょうか?

ママ振袖が良い理由も伝えましょう

振袖を着るのは成人式だけなので、レンタルで充分。そう思っている方もいるようですが、結婚式や卒業祝いなど、振袖を着る機会が沢山あります。毎回、レンタル振袖を着ていくのもいいのですが、レンタル振袖には意外な落とし穴があります。レンタル振袖は大量生産しているものが多く、同じ色や柄の振袖が、沢山出回っている可能性があります。成人式や結婚式に流行りの振袖を着ていくと、他の人とかぶっていて、がっかりしたということも、よく聞く話。また、質の良い購入品の振袖のお友達と比べて「安っぽさ」が目立ってしまった…なんてことも。せっかくハレの場に来ているのに、これでは台無しですね。

これがママ振袖でしたら、他の人と被る心配がありませんよ。実は親子は肌の色や雰囲気が似ているので、苦手な色や柄でも、着てみると意外にしっくり馴染むことが多いのです。若いスタイリストにヘアメイクをお願いすれば、いま風に着こなせます。それに、品質もレンタルに比べると購入した振袖の方がはるかにいいので、着映えもするはずです。母親がずっと大切にしまっておいたのは、娘に着てもらいたいから。ママ振袖にはそんな母親の愛情がこもっているはずです。母から娘へと受け継いでいってはいかがでしょうか。

成人式と前撮りで振袖を分けるのも一つの手

いま風コーデをお嬢さんに説明しても、それでもかたくなに拒否するようでしたら、いっそのことレンタル振袖とママ振袖の両方を着てはいかがでしょうか。成人式と前撮りをするときに着る振袖が、必ずしも同じとは限りません。人によっては成人式と前撮りで衣装を別々にセレクトすることもあります。

例えば、成人式にはママ振袖をいま風コーデにして、前撮り写真はレンタルショップの流行りの振袖を着て撮影。あるいは、前撮り写真にレンタル振袖とママ振袖の両方を着て撮影することもできますよね。最近では成人式と前撮り写真の振袖を、分けて選ぶ人もずいぶん増えてきました。振袖とドレスの両方を着て前撮り写真を撮影する人も少なくありません。そうしたニーズに合わせるように、振袖やドレスのレンタル料がリーズナブルになってきました。お嬢さんとお母さんのお二人が満足できれば、前撮り写真が一生の宝物になると思います。ぜひ、提案してみてはいかがですか?

あなたの好みはどれ?いま人気の前撮り個性派スタジオ
TOP