いつ選ぶの?成人式の振袖予約は直前では遅い!

準備が9割!成人式までのスケジュール

~1年前衣装をチョイス

衣装をチョイス

自分に合った振袖を選ぶにはパーソナルカラーを考えて。柄よりも色です。

成人式の振袖をレンタルするなら、最新デザインがでる1年前がおススメです。レンタルでなく着物を仕立てる方は仕立て期間の3か月を想定しましょう。ここでは自分に似合う着物を選ぶコツも紹介しています。

step2

SCHEDULE

争奪戦になる前に、衣装を予約しよう!

1年前から予約開始がほとんど!人気の振袖は早めに予約しよう

成人式の振袖はレンタルする人がほとんどだと思います。ただ、一口にレンタルといってもどれくらい前に予約をすればいいのでしょう。お気に入りの着たい振袖を予約するためにはレンタルが開始される1年前に予約をすることが重要になってきます。

実は成人式の振袖は成人式が開催される約1年前から予約が開始されているのです。しかも、最新デザインの振袖は人気が高いのですぐに予約が埋まってしまうのだとか。成人式直前にレンタルしようとすれば、着たくないデザインしか残っていない確率が高くなります。まだ、平均身長ならばそれでもレンタルできる振袖もあるかもしれませんが、身長が150cm以下の方や170cm以上の方の場合、もともと数が少ないのでレンタルできないリスクもでてきます。

いまは写真館でも振袖をレンタルできるんです

以前と違い呉服店で振袖をレンタルしなくても最近は写真館で振袖をレンタルできるようになっています。成人式の際に前撮りをするのが当たり前になってきている今は、写真館でヘアメイクや振袖まで準備できれば、写真を綺麗に撮影するためのアドバイスも含めて選ぶことができるので良いですね。

前撮り予定や、当日の着付け・ヘアメイクも予約しよう

ヘアメイクは美容院、振袖や小物はレンタル店、写真撮影は写真館と別々ですと、時間の配分が必要になってきます。美容院もかなり早朝に予約する必要がでてくるかもしれませんね。そういう煩わしさを解消するために、最近は写真館で全てできるようなところも増えてきています。インターネットなどで調べると見つかりますよ。

購入やママ振袖の場合は急がなくて良いけど、前撮り予約や着付け予約は万端に本文 振袖が自宅にある場合は着付けと前撮りの予約だけになりますが、振袖を購入した場合は仕立てる時間が必要です。仕立てには約3か月位の期間がかかります。成人式の当日はバタバタしがちです。前撮りをするのであれば日焼けをしない5月までが最適です。そういう意味では成人式の1年前か遅くとも半年前には、予約をする写真館などで日程の相談をすることが望ましいですね。

実際に店舗へ行って衣装を決めよう

振袖は実際に合わせてから決めよう

振袖の選び方ですが、体型や身長により似合う柄や色が違ってきます。着物で目がいくのは柄よりも着物のベースカラーです。自分が気に入ったデザインの振袖が自分に似合うものなのかを考えることが大切です。そういう意味では試着することは必須条件になってきます。何着か袖を通してみて見比べたり、第三者であるプロの意見を参考にしたりすると失敗がないでしょう。

プランの内容や、当日までの流れをしっかり聞いておこう

最近は、写真館でも振袖がレンタルできる時代になりました。また、呉服店でも前撮りのサービスが付いているプランがあったりします。そういう意味では、プラン内容や撮影日時、オプションの有無など、しっかりと事前に確認しておくことが大切です。疑問点はお店のスタッフに相談して不安点を残さないようにしましょう。スタッフはその道のプロで経験や実績があります。いろいろ教えてもらうことで安心して成人式を迎えることができますよ。

TOP